睡眠 バストアップ 関係

バストアップサプリ@少しでも胸を大きくするために|美ばすと

なんとか少しでも胸を大きくしたい人のためにバストアップ全般について紹介しています。サプリに関しても徹底比較しています。

絶対に知っておくべき睡眠とバストアップの重要な関係

目安時間 約 5分

147737

睡眠は、美肌作りには欠かせない重要な要素のひとつですよね。でも、同じようにバストアップに関しても重要な意味を持っています。

 

実は、バストが小さくで悩んでいる女性の多くは、睡眠時間が5~6時間程度の人が多いとも言われているくらいです。睡眠とバストアップの関係について、そのメカニズムを理解しておきましょう。

なぜ、バストアップに睡眠が大切なの?

睡眠中には、バストアップに欠かせない女性ホルモンと成長ホルモンの働きが活発になります。女性ホルモンは、バストを構成している乳腺を増やしてくれる役目を持っています。また、成長ホルモンも乳腺に働きかけ、ハリのあるバストをつくる手助けをしてくれるのです。

 

 

そもそも睡眠中は、身体の細胞の修復や生まれかわり、栄養の供給が活発になる時間です。ですから、良質な睡眠をとることで、バストアップだけでなく、肌のターンオーバーを正常にしたり、美肌美髪効果が得られるというわけなのです。

 

やっぱりゴールデンタイムは重要?

成長ホルモンの分泌は、夜10時から深夜2時の間がもっとも活発になるといわれています。この時間帯のことを「お肌のゴールデンタイム」と呼ぶのは、良く知られていますよね。

 

 

バストアップや美肌のためには、このゴールデンタイムに良質の睡眠をとることが重要になります。しかし、最近のライフスタイルでは、夜10時までにベッドに入るなんで無理!という女性も多いのではないでしょうか。

 

 

そんな人も、できるだけ早く就寝するのが理想的です。でも、ここ数年の研究では、ゴールデンタイムはかならずしも夜10時から深夜2時とは限らないと主張する専門家もいます。

 

 

成長ホルモンは、眠りに落ちてから30分後から3時間以内の時間がもっとも活発に働くとも言われています。ですから、多少就寝時間が遅くなっても、しっかり熟睡できるように環境を整えておきましょう。

 

一日何時間寝るのが理想的?

具体的に、バストアップのために必要な睡眠時間はどれくらいかというと、最低7時間だといわれています。冒頭でもいいましたが、バストが小さいと悩んでいる女性には、睡眠時間が5時間程度の人が多いようです。

 

 

バストアップのためにも、美肌のためにも、睡眠時間は最低でも7時間以上とるのが理想的です。就寝時間が遅くなる人でも、睡眠時間はたっぷりとるように心がけてみてください。

 

寝るときの姿勢も重要

美しいバスとラインを保つためには、夜眠るときの姿勢も気をつけたいものです。寝るときの姿勢によっては、バストの下垂やバストの形がくずれる原因になります。

 

 

一番良いのは仰向けに寝ることです。睡眠中の姿勢をキープするのは難しいですが、せめてバストを押しつぶすような寝相は避けたいものです。うつ伏せで寝ると、自分の体重でバストを押しつぶしてしまうので、バストラインがくずれる原因になります。

 

 

横向きで寝るのも、バストのお肉が脇に流れてしまいますので、あまりおすすめできません。横向きで寝るクセがある人も、仰向けで眠るように努力してみてくださいね。

 

睡眠中の下着について

ブラジャーを着けて寝るのは、リラックスできないと思う人もいるかもしれません。しかし、バストアップや胸の形を崩さないためには、睡眠時に着用できるタイプのブラをつけて寝る方が良いです。

 

 

このタイプのブラは、寝ているときの姿勢を研究して開発されたブラです。眠っている間に、バストが背中や横に流れたりしないように、やさしくサポートしてくれます。

 

寝れば寝るほどバストアップ!

このように、睡眠とバストアップの間には深い関係があります。十分な睡眠時間を取るだけでなく、睡眠の質を上げることも大切です。バストアップのためにも、美肌のためにも、毎日快眠生活を送りたいですね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事
最近の投稿
カテゴリー