バスト 大きくなる 原理

バストアップサプリ@少しでも胸を大きくするために|美ばすと

なんとか少しでも胸を大きくしたい人のためにバストアップ全般について紹介しています。サプリに関しても徹底比較しています。

バストはどうなると大きくなるの?原理を解説

目安時間 約 5分

079251

バストアップのための方法は、いくつかあります。中には、「成人してから何かやってもバストアップなんてできるわけがない」と悲観的な人もいるかもしれません。

 

しかし、そういった人たちはバストアップの原理を理解していないことがほとんどです。バストアップの仕組みと原理について解説してみます。

 

成人してからでも遅くないと感じていただけると思います。

バストが大きくなる仕組み

バストは、ほとんどが脂肪でできています。でもそれだけではありません。脂肪のほかに「乳腺」というものや、バストの内側には、ふくらみをしっかり支えるための「大胸筋」という筋肉が踏ん張ってくれています。

 

バストのふくらみを作るためには、脂肪と乳腺を増やすことが大切です。それと同時に、バストをささえている大胸筋を鍛えることによって、ハリのあるきれいなバストをつくることができるのです。

 

バストアップに必要な方法2種

つまりバストアップのためには、次の2つのアプローチの方法があります。

1.脂肪と乳腺を増やしバストそのものを大きくする
2.大胸筋を鍛えて、上向きのハリのあるバストラインをつくる

これは両方とも必要なことで、美しいバストアップを成功させるためには、どちらか片方だけではうまく効果が出てきません。

女性ホルモンとバストアップの関係

バストアップには女性ホルモンの分泌を活発にすることが大切です。それは、女性ホルモンには乳腺を増やす働きがあるからなんです。

 

女性は思春期になると女性ホルモンの分泌が盛んになり、身体つきが丸みを帯びて、胸が膨らんできます。これらの体の変化は女性ホルモンがもたらすものです。

 

成人してしまった女性は、思春期の女性ほど大量の女性ホルモンを分泌することはありません。しかし、それでも女性ホルモンは分泌されていますし、マッサージや食事などによって、女性ホルモンの分泌を促すことも可能です。

バストアップサプリは女性ホルモンの分泌を促すもの

バストアップサプリメントとして市場に出回っているものは、基本的に女性ホルモンの分泌を促すことによってバストを大きくしようとしています。

 

女性ホルモンと似た働きを持つ、植物由来の成分を含んだものが多いですね。また、バストアップサプリの中には、夜眠っている間に分泌される成長ホルモンを活発化させることを目指しているものもあります。

 

睡眠もバストアップに関連性があるといわれています。成長ホルモンは夜眠っている間に分泌されるので、これを促すために熟睡効果のある成分を含めたものです。ちなみに、夜間の快眠はお肌のターンオーバーにも影響が出てきますので、バストアップと同時に美肌効果をうたっているものもあります。

 

大胸筋を鍛えるエクササイズはバストアップに必要不可欠

女性ホルモンなどの働きを利用して、乳腺を増やしバストアップすると同時に、ふくらんだバストをきれいにキープするために必要なのが「大胸筋」です。

 

年齢を重ねるとともにバストがさがってきてしまうのは、この大胸筋が衰えるのが原因のひとつです。特に、以前のハリがなくなってきた、という人は大胸筋エクササイズを行うだけでも少しは効果が出てくるはずですよ。

 

脂肪や乳腺を増やすことでバストを膨らませることに成功しても、それがハリのある整ったバストラインを形成するとは限りません。

 

大胸筋を鍛えるには、胸の正面で合掌ポーズをしたり、腕立て伏せをするのが定番です。これらのエクササイズを毎日少しずつでも継続することが、理想のバストラインを保つ秘訣です。

 

大人になってからでもバストアップは可能

このように、バストアップにはきちんとした仕組みや原理の裏づけがあるものです。「これを飲むと胸が大きくなる」というと、まるで魔法のように感じて「疑わしい」と感じる人がいるようですが、きちんと科学的な論理にのっとって研究されたものです。

 

美しいバストラインは、何歳になっても女性として誇らしいもの。成長期を過ぎてしまっても、決して遅すぎることはありません。できることから、バストアップ法をためしてみませんか。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事
最近の投稿
カテゴリー