バストアップ 注意点 ぽっちゃり 痩せ型

バストアップサプリ@少しでも胸を大きくするために|美ばすと

なんとか少しでも胸を大きくしたい人のためにバストアップ全般について紹介しています。サプリに関しても徹底比較しています。

バストアップの体型別注意点(ぽっちゃり・普通・痩せ型)

目安時間 約 5分

088984

胸の谷間や、ゆらゆら揺れるバストのふくらみは女性にとっては憧れですよね。バストアップの方法は、ネットでもいろいろ紹介されていますが、自分の体型に合った方法で行わなければ、効果は期待できません。

 

 

「体型」というと、痩せ型の人やぽっちゃり型の人がいますよね。バストアップの方法も体型によって、効果的な方法が違うんです。バストアップを始める前に知っておきたい、体型別注意点をご紹介します。

 

痩せ型の人のバストアップ

痩せ型の人は、はっきり言って、脂肪が足りません。バストのふくらみは脂肪でできています。「脂肪をつけると太るからいやだ」と思うかもしれませんが、脂肪がなくてはバストアップになりません。

 
痩せ型の人が気をつけたいことは、まず、たんぱく質を摂ることです。鶏肉や豚肉、卵、大豆などに含まれる良質のたんぱく質を積極的に摂るようにしましょう。

 
バストアップのためには、女性ホルモンを活発化させたり、大胸筋を鍛えることが効果的です。しかし、それよりも先に、痩せ型の人は、バストの「原料」となる、たんぱく質を摂り脂肪をつけることが肝心です。

 
同時に、徐々に女性ホルモンを元気にしたり、大胸筋を鍛えるエクササイズを行うようにします。

普通の体型の人のバストアップ

普通の体型の人は、すでにバストアップに必要な脂肪はちゃんとついているはずです。ですから、女性ホルモンの働きを活発にするものを摂ることから始めましょう。

 
女性ホルモンを活発にするためには、大豆など、女性ホルモンと似た働きをする成分を含む食品をとったり、バストアップに特化したサプリメントを摂るのがオススメです。

 
また、バストをマッサージすることで女性ホルモンを刺激することも出来ますので、いろいろな方法を平行して行ってみましょう。

 
同時に、大胸筋を鍛えることも大切です。いくら、バストに脂肪がちゃんとついていても、それを支える大胸筋が鍛えられていないと、バストが下に下がって小さく見えてしまうのです。

 
大胸筋を鍛えるには、腕立て伏せなどのエクササイズを行うのが効果的です。

ぽっちゃり体型の人のバストアップ

ぽっちゃりしているのにバストにボリュームがない、と悩んでいる人は、余計なところにお肉がついているのかもしれません。バストアップできる十分な脂肪はついていますので、その脂肪をうまく利用して、美しいバストを作る努力をしてみましょう。

 
おすすめなのは、バストアップ用のブラを使ってみることです。

 
ぽっちゃり体型の人で、バストが小さいと悩んでいる人に多いのが、背中や脇にお肉が流れているパターンです。バストアップ用のブラなら、その流れてしまったお肉を、バストに集めてきれいに整えてくれます。

 
「でも、それってブラをとったらもとに戻るんじゃ・・・?」と思いますよね。

 
ところが、バストアップブラは、つけ続けることで、だんだんとその理想的な体型をキープできるようになるんです。特に、バストアップブラは、夜もつけたまま寝るものです。眠っている間は、ブラをしていないと、肝心のバストを作っている脂肪が、背中や脇に流れてしまうんです。

 
さらに、ぽっちゃり体型の人にとっても、大胸筋を鍛えることは大切です。せっかくついたバストを、しっかり形良くキープするためにも、大胸筋エクササイズを平行して行うようにしてください。

 

 

ぽっちゃり体型の人は、ダイエットしたいと思っているかもしれません。しかし、無理なダイエットを行うと、肝心のバストから痩せていくこともあります。いくらやせたいと思っていても、急激なダイエットは控えるようにしましょう。

 

自分の体型に合わせたバストアップ方法で

バストアップの方法は、自分の体型に合った方法でやるほうがはるかに効果を実感できます。体型別の注意点を抑えて、サプリメントやマッサージ、エクササイズといった、複数の方法を組み合わせるのが、もっとも効率的です。

 

 

自分に合ったバストアップ方法が分かったら、毎日コツコツ続けてみてくださいね。きっと、効果が出ると思いますよ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事
最近の投稿
カテゴリー