バストアップサプリ

バストアップサプリ@少しでも胸を大きくするために|美ばすと

なんとか少しでも胸を大きくしたい人のためにバストアップ全般について紹介しています。サプリに関しても徹底比較しています。

20歳から始めたバストアップでBからCになりました

目安時間 約 4分

094856

私は27歳の会社員(事務員)で埼玉県に住んでいます。

 

昔からバストサイズBカップという中途半端な大きさにコンプレックスを抱いていました。そして最大のコンプレックスは大きさではなく形だったのです。

 

人に見せることが恥ずかしく、友達との温泉旅行を断ってしまいました。今よりバストをキレイにして、気兼ねなく温泉に行けるようになりたいという思いから、バストアップを始めることになりました。

 

バストアップを始めた20歳の頃

成長期も過ぎ、もう遅いかとも思ったのですが、成人してからバストアップに成功している人も多く存在すると知り前向きになれました。

 

20歳から私が行ったバストアップは、主にマッサージと食事です。

 

マッサージというのは、お風呂上がりに行う簡単なバストアップマッサージ。ボディクリームを塗ったあとに、バストを下から上へ持ちあげるようにマッサージしていきます。バストの形をキレイにするために行いました。

 

食事では、バストアップに効果のある、イソフラボンとタンパク質を積極的に摂取していました。イソフラボンは大豆製品に多く含まれており、私は豆乳を毎日欠かさず飲んでいました。

 

そしてバストを大きくするためにはタンパク質も必要だと聞いたので、毎日鶏肉を食べるようにしていました。

 

一年以上続けてCカップに

バストはなんとかCカップになったのです。

 

以前は鳩胸のような形でたれ気味だったのですが、マッサージのおかげで少し鳩胸が改善されました。

 

ただ、毎日同じマッサージと似たような食事を続けるのは大変です。私は大豆製品や鶏肉が好きだったので苦痛に感じることはありませんでしたが、苦手な人には難しいでしょう。

 

また、マッサージを行うのがだんだんとしんどくなり、次第にサボるようになってしまいました。一日5分ほどの簡単なマッサージなのですが、毎日続けていると面倒に感じてしまうのです。

 

そのため一年を過ぎた頃には、数日に一回の頻度になってしまっていました。

 

バストアップで大切なこと

バストアップを行う上で大変なのは、毎日続けなくてはいけないことだと思います。ただ、それでもCカップになったのでバストアップは成功したと言えるでしょう。

 

今でも大豆製品や鶏肉は食べていますし、毎日ではないもののバストアップマッサージも続けています。

 

バストをキレイに見せるためには、胸にフィットする下着を選び、こまめに着け直すことだと思います。トイレに行った時でもいいので、下着に胸を入れて形を整えると胸が大きくなったように見えます。

 

また、こまめに形を整えることでバストアップ効果も期待できるようです。

 

バストアップは、長期間継続することが重要です。そのため、短期で大きくすることは難しいかもしれません。数ヵ月以上、時には一年以上かかってしまうかもしれませんが、継続することで嬉しい変化がでると思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事
最近の投稿
カテゴリー