バストアップサプリ プエラリア 副作用 摂取量

バストアップサプリ@少しでも胸を大きくするために|美ばすと

なんとか少しでも胸を大きくしたい人のためにバストアップ全般について紹介しています。サプリに関しても徹底比較しています。

バストアップサプリ・プエラリアの副作用|摂取量で対策しよう

目安時間 約 6分

064574

バストアップサプリは、飲むだけでバストアップ効果が期待できる、手軽な方法として人気があります。

 

でも、バストアップサプリで副作用がでる、と聞いた人も多いかもしれません。バストアップサプリでどんな副作用があるのか、副作用を避けるためにはどうすればいいのかをまとめてみました。

バストアップサプリの副作用

バストアップサプリで副作用が出たという人に多い症状は、つぎのようなものです。

・食欲増進
・生理不順
・頭痛
・吐き気
・にきび

 

これらの副作用は、厳密に言うとバストアップサプリに含まれる「プエラリア」に関連して起こるものです。でも、プエラリアってはそんな恐ろしいものなのでしょうか?

 

プエラリアとバストアップの関係

プエラリアは、タイやミャンマーの山岳地方で発見された植物です。プエラリアには、女性ホルモンエストロゲンを活発にし女性を美しくする作用があるといわれています。

 

 

現在出回っている多くのバストアップサプリには、このプエラリアが配合されています。

 

 

プエラリアにはエストロゲンに似た構造を持つ植物性エストロゲン・イソフラボンが豊富に含まれています。この似た構造のおかげで体内ではエストロゲンと同じように取り扱われます。つまりプエラリアを飲むと、エストロゲンの分泌量が増えたのと同じことになり、バストを形成している乳腺を刺激してバストアップにつながるといわれています。

 

 

バストアップサプリの副作用というのは、この女性ホルモンエストロゲンの量が増加することによって、起こるものなんです。

 

 

バストアップサプリの副作用を避ける方法

バストアップサプリはお薬ではありません。しかし、一日の摂取量はきまっています。いくら早くバストアップしたいからといって、摂取量を超えてたくさん飲みすぎると、副作用を起こしやすくなります。

 

 

プエラリア摂取による副作用を避けるためには、いかに身体のホルモンバランスをコントロールするかということが大切だと理解しておいてください。

 

 

簡単にいうと、プエラリア摂取による副作用は、女性ホルモンエストロゲンが増えすぎることに原因があります。女性の場合、毎月の生理周期に合わせてホルモンバランスは常に変化しています。自分のホルモンバランス=生理周期とも照らし合わせて、プエラリア摂取量の調節をしていくとよいでしょう。

 

 

具体的にはどうすればいいの?

ちょっと話しが難しくなってきたので、じゃあ、いったい具合的にはどうすればいいの?という方法についてお話します。

 

 

プエラリアの副作用を避けるためには、まず、決められた摂取量を超えて服用しないことです。バストアップサプリをはじめて試してみる人は、200~300mgのプエラリアが配合されたサプリを選んでみてください。

 

 

プエラリアが自分の身体に合っているか、どれくらいの量が適量かというのは人によって個人差がかなりあります。ですから、プエラリアサプリは試してみないと分かりません。

 

 

また、飲みタイミングも大切です。先ほども言いましたが、女性の体はもともと生理周期によってホルモンバランスが変化します。

 

 

初めてプエラリアを飲み始めるのなら、生理が終わってから排卵までの間に服用してみてください。この期間はもともとエストロゲンの分泌量が増える時期なので、体はエストロゲンの増加に慣れています。

 

 

この時期に飲んでみて、副作用を感じたら、サプリの量を半分にしてみましょう。錠剤であれば、ピルカッターなどで半分に切って服用します。

 

その他、気を付けたいこと

また、他にも気をつけたい事として、以下の3つが挙げられます。

・お酒と一緒に飲まないこと
・生理中などで気分が悪くなったら飲むのを休むこと
・妊娠中は飲まないこと

 

 

サプリメントはなんでもそうですが、続けて飲まなければ意味がありません。一度にたくさん服用するのではなく、半分ずつでもいいので、継続してみることが大切です。

 

また、どうしてもプエラリアが合わないと感じたら、プエラリアを含まない、もしくは少量しか含んでいないバストアップサプリもありますので、そちらを試してみると良いでしょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事
最近の投稿
カテゴリー